フルーツジュースと野菜ジュース市場が革新的な雰囲気を醸し出す

ジュースは、世界中のすべての年齢層で最も好まれる飲み物の 1 つです。ジュースは果物や野菜の果肉を抽出して作られます。また、人工香料を使用して調製されています。健康への関心の高まりは、世界中の果物と野菜のジュース市場の主要な原動力です。果物や野菜のジュースには重要な栄養因子が含まれており、それらの欠乏は多くの病気や病気につながります. したがって、栄養上の利点は、果物や野菜ジュースの消費を促進する役割を果たします。フルーツ ジュースの中で、オレンジ ジュースは世界で最も好まれているジュースであり、全世界で約 30% の需要があります。

競合他社の「先」を維持するには、サンプルをリクエストしてください@  https://www.persistencemarketresearch.com/samples/6943

果汁や野菜ジュースは、炭酸飲料やエナジードリンクの代替品です。消費者は健康を意識しており、市場で入手できるどの種類の飲み物よりもフルーツ ジュースを好みます。ライフスタイルを変える消費者は、毎日の食事の一部としてフルーツ ジュースを作りました。ジュースメーカーは、消費者の好みや好み、需要の変化に応じて、ビタミンやミネラルを追加することに注力しています。

すべての消費者にとって便利なパッケージは、消費者がフルーツ ジュースや野菜ジュースを購入するのに重要な要素です。企業は、広告や効果的な流通などのさまざまなマーケティング戦略によって消費者に影響を与えるために、製品の革新に焦点を当てています。消費者は、天然果汁濃縮物または果実含有量が 100% の果汁 (濃縮果汁) を好みます。市場は、オレンジ ジュース、グアバ ジュース、アップル ジュース、レモン ジュースなどの果物の種類に基づいて分割されます。

レポートのカスタマイズのリクエスト @ https://www.persistencemarketresearch.com/request-customization/6943

さらに、オレンジ ジュース ミックス ジュースとともに、世界の市場の主要なトレンドです。グローバル市場は、2019 年までに大幅な CAGR の成長が見込まれています。主要な地域はアジア太平洋で、北米がそれに続きます。

世界のフルーツ ジュースおよび野菜ジュース市場の主要企業には、ペプシ社、デル モンテ フーズ コーポレーション、ザ コカ コーラ カンパニー、オーシャン スプレー クランベリーズ、ウェルチ フーズ、モッツ アンド ネスレなどがあります。

独占的なアナリストサポートを今すぐ事前予約@  https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/6943

私たちについて: 持続市場調査

お問い合わせ:

Persistence Market Research          
住所 – 305 Broadway, 7th Floor, New York City,
NY 10007 United States
US Ph. – +1-646-568-7751
USA-Canada フリーダイヤル –  +1
800-961-0353 .com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。