デジタルテキスタイル印刷機器市場:今後の需要と成長分析2028

Persistence Market Research (PMR) は、「デジタル繊維印刷機器市場: グローバル産業分析 2013–2017 および機会評価 2018–2028」というタイトルの新しい市場調査をリリースしました。調査の範囲には、今後 10 年間の世界のデジタル繊維印刷機器市場の詳細な分析が含まれます。デジタルテキスタイル印刷機器市場に関するレポートは、主要なマクロ経済要因とともにダイナミクスを評価します。

また、世界のデジタル繊維印刷機器市場の動向について説明し、デジタル繊維印刷機器市場のバリュー チェーン全体の機会を分析します。

デジタルテキスタイル印刷機器の世界市場は、2018 年に 5 億 6,300 万米ドルと評価され、さらに 14.9% の CAGR で成長し、予測期間の終わりまでに 22 億 5,540 万米ドルの価値に達すると予測されています。さらに、デジタルテキスタイル印刷機器市場は、2018 年から 2028 年の間に 16 億 9,240 万米ドルの増分の機会を生み出すと予想されています。

競合他社の「先」を維持するには、 @でサンプルをリクエストしてください

https://www.persistencemarketresearch.com/samples/27313

世界のデジタル捺染機器市場

東アジアのデジタル テキスタイル プリンティング市場は CAGR 20.3% で引き続き魅力的

デジタルテキスタイル印刷機器市場の将来の見通しは、さまざまな地域でのテキスタイル産業の健全な成長により、有利なままであると予想されます。繊維産業は、歴史的な成長見通しの点で重要な産業です。さらに、予測期間中に同様の成長パターンで成長すると予想されます。ヨーロッパは、2018年の収益の点で世界のデジタルテキスタイル印刷市場を支配すると推定されており、この傾向は予測期間を通じて続くと予測されています。

さらに、東アジアのデジタル テキスタイル プリント市場は、予測期間中の CAGR が 20.3% で、魅力的であると予測されています。さらに、中国、インド、バングラデシュは、デジタル繊維印刷機器の投資と採用率の面で健全な成長を遂げている市場の3つの新興国です。

デジタルテキスタイル印刷の需要を促進するためのマスパーソナライゼーションの必要性

デジタルテキスタイル印刷は、デザインの複雑さに関係なく正確な複製を可能にします。また、生産設定の柔軟性、および経済的および環境的影響の最適化も可能にします。これらの利点により、大量生産からマス パーソナライゼーションへの移行が促進され、将来的にはデジタル テキスタイル プリント機器の需要が高まると予想されます。

デジタルテキスタイル印刷機器は、テキスタイルの廃棄物と電力消費を削減します。さらに、デジタルテキスタイル印刷機器の使用により、水の無駄とインクの消費も削減されます。

この市場に関する重要な洞察については、ここでカスタマイズをリクエストしてください @       

https://www.persistencemarketresearch.com/request-customization/27313

印刷タイプと消耗インクに基づいて、それぞれ衣服向けセグメントと昇華セグメントが引き続き魅力的

印刷タイプ別に見ると、ダイレクト トゥ ガーメント セグメントは、世界のデジタル テキスタイル プリント機器市場で収益性が高く、予測期間中の大きな需要を占めると考えられています。これは、デジタルテキスタイル印刷機器市場における顧客固有の製品提供の浸透が高まっていることに起因する可能性があります。このセグメントは、16.7% の CAGR で成長し、2028 年末までに 11 億 1,420 万米ドルの価値に達すると予測されています。

消耗品インクでは、昇華セグメントは、印刷製品の品質の向上とログ寿命の延長により、デジタルテキスタイル印刷機器の世界市場で顕著なシェアを維持すると予測されています。昇華はポリエステルでのみ使用できるため、他の素材への使用は制限されます。このセグメントは、2028 年末までに世界のデジタル テキスタイル プリント機器市場で 10 億 6,880 万米ドルの総増分 $ の機会を創出すると予想されます。

詳細な競合分析については、今すぐ購入@

https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/27313

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。