兵庫 伊丹で住宅火災 住人の80歳男性など2人死亡 1人重体

24日午後、兵庫県伊丹市で住宅が全焼する火事があり、この家に住む80歳の男性が死亡しました。また焼け跡から1人が遺体で見つかったほか、76歳の女性も意識不明の重体となっています。

24日午後1時50分ごろ、兵庫県伊丹市南野の木造2階建ての住宅で火事が起きていると、この家に住む女性から消防に通報がありました。

消防によりますと、火はおよそ3時間半後に消し止められましたが、住宅1棟が全焼しました。

警察によりますと、この家に住む小谷崇さん(80)が死亡したほか、焼け跡から1人が遺体で見つかりました。

また崇さんの妻の清子さん(76)も病院に運ばれ、意識不明の重体です。

警察では遺体について、連絡が取れなくなっている崇さんの孫の悠生さん(26)の可能性があるとみて調べています。

住宅には崇さんと清子さん夫婦と、長男と次男のそれぞれの家族の合わせて7人が住んでいて、4人にけがはありませんでした。

警察の調べに対して、次男の妻は「1階からドンという大きな音がして煙が出ていた。崇さんと家の外に出たが、崇さんは孫を助けるために家に戻っていった」と話していて、警察と消防では火事の原因を詳しく調べることにしています。

現場は阪急伊丹線の稲野駅から北西におよそ700メートルの住宅街です。